武蔵国郡村誌を調べ中





たのうえです。

今、武蔵国郡村誌を調べています。

もっとも温泉地研究ではなくて、いくつか関心があるものの一つ、藍についての調査です。とある先行研究(報告書)で、この本のデータを元にした主題図(≒特定の事象を表した図)で埼玉県内の藍の栽培状況が示されているんですが、これがまた、良く言えば手作り感のある、悪く言えば大雑把な地図でして…。

前から気になっていていつかは手を付けようと思っていたのですが、今回、お仕事で藍を使った体験プログラム作りが一段落したので、そのプログラムに今度は、その場所でやる意義という後付けの理屈を考えるために、この作業に着手したわけです。

この本、買ってもいいかな、と思ったんですが…お高い。

参考(日本の古本屋
ここで「武蔵国郡村誌」で検索。
諭吉さんが10枚以上飛んでいきます。

幸いなことに、県内ならほぼどこの図書館でも所蔵している資料。
近くの図書館でデータを拾おうとおもったのです、が。

結構、町村の数が多くて…。その名前をセルに入れてからでないと、図書館で無駄に時間がかかってしまう。

そこで、普段はあんまりサービスの良くない(??)県立図書館のサイトを見ると、武蔵国郡村誌の目次が、町村名一覧が載っている。

武蔵国郡村誌 (埼玉県立図書館 1953~55)  目次

これをExcelに貼り付けて、とりあえず町村名リストは作りました。
あとは、後日、データの打ち込み、そして主題図作成に入ります。

…と、普段の一コマ書いてみました。

コメントを残す