2018年抱負





jeonsango / Pixabay
やりたいはずだった、温泉研究が、ずっとできていなかったせいで、重荷になっています。スランプになるほど足掻いてもいないので、習慣化できなくなったことと、宿題がたまるように、どんどんどんどんため込んでいってしまって、文字通り重くなってしまったのだと思います。

そうだとすれば、今年は、遠回りを覚悟で、まず、楽しいこと、やりたいことをやってみる。そこから始めたいと思っています。
仕事≒自分のやりたいこと、ですが、その他も今年はある種、キツいと思うことは避けて、とことん自分のやりたいこと、好きなこと第一で動いてみようかなと思っています。

考えると、仕事をしてからここのところ、仕事に楽しみを見出すことに第一をおいて、その他は脇に置く、そんな生活を送っていました。

仕事を多少なりとも楽しむことはできるようになりましたが、そうするとあれほど師匠に、「楽しみながら知ろうとしている」と言われた自分唯一の長所が、短くなってきてしまった、そんな感を覚えるようになりました。

なので、今年は原点回帰。楽っ知のごとく、楽しんで見聞を広げる、そんなスタンスでいってみたいと思っています。
やはりどこかで温泉のことをやりたいという頭があるのですが、今は「楽しい」という燃料がたりない、というか不足している、それならば思い切って今年一年は、楽しむことを一番にする、これで行こうかなと考えることにしました。
そすれば、ひょっとするとその延長線に、その一つに温泉のことがあれば自然と再会、再開できるのかな、と思っています。
幸か不幸か、研究で喰っているわけではないので、再開しないと、食いっぱぐれるとか、そういうことはありません。

さて、そうすると今年の抱負は…。

1)学生に戻ってみる。
前から学んでみたいことがあったので、久しぶりに学生やってみようかと思っています。
もう願書はきているので、後は申込みのみ。
某ユー〇ャンよりお金もかからないし、楽しみとして。

2)旅行にでる
実はこれも、しばらくできていないこと。
なんか、「好きなこと」への感受性が鈍っているのかもしれません。
目標とは言わず、旅行にいきたい。相方とかぜいたくは言わないので(笑、行きたいところへ行ってみたいと。

3)いろいろな人と話す
これも原点回帰。今でこそ、資料、資料と動いている人間ですが、元々は人と会って話して、それを記憶、そして記録にしていって、というアプローチをとることが多い人でした。これもいきなり記録にしようと自分に負荷をかけるのではなく、まずは、好きな「人とあうこと」、会いたい人にあうその辺からはじめてみたいと思います。

そのために、
4)健康でいること
私の場合は健康でいないと、やる気まで無くなってしまうので、最低限の健康管理をする、そうしていきたいと思います。

身体は重いですが、それ故、身は軽やかに、そんな1年にしたいと思っています。
4つばかり目標書いてみましたが、一番は楽しむこと。ここもそう。
どうすれば収益が上がるか、読んでくれる人が来てくれるかの前に自分が楽しめるか、そこに戻ろうと繰り返しですが思っています。

なお年賀の挨拶させていただいた方もいますが、住所連絡先等分からず挨拶できなかった方もいらっしゃいます。

そういう皆様、どうぞ今年もよろしくお願いします。
今年は皆様とも話し、交わっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す