終わりのない旅

たのうえです。

昨日の記事でも触れましたが、別のSNSで永六輔さんと北山修さんについて取り上げ、彼らは、出逢いと同じく別れに対峙したのではないか、という文章を書きました。
そのときは、昔読んだ本の内容を思い出しながら、大雑把に書きましたが、ここで少しきちんと扱っていきたいと思い、今日も記事を書く次第です。

さて、昨日は北山修さんの著書を簡単に紹介しました。
それは、「見るなの禁止」が伴う別れの話の際、見られて恥を感じ去る女性側の心情だけでなく、そこに立ち尽くす男性側の罪について考えて神話を読み直し、自分たちの精神文化を改めていくそんな提言をしているものでした。
やはりそこには別れと対峙する、そんな姿勢が見て取られたと私は思います。

さて、では永六輔さんはどうでしょう。

[amazonjs asin=”B01M1DDQ2D” locale=”JP” title=”六輔その世界 生きているということは +4″]

何冊か読んだ永六輔さんの本の中で、印象に残っているものがあります。
それは永六輔さんのお父さん、永忠順さんが、永六輔さんの歌について書かれているものです。
…なので、正確に言えば、永さんの本の中で読んだ、永さんのお父さんの文章です。

[amazonjs asin=”4004306558″ locale=”JP” title=”親と子 (岩波新書)”]

それは文末の通りです。

出逢うことの出来ない恋人(真理)と、旅の中で出逢うことを期待する。そこに返事はなくとも、巡り逢えなくても、その恋人がいることを自覚している。
旅の中での幾多の出逢い。そこで巡り逢えない恋人の存在。
それでも旅を続ける。その旅をつづけることにこそ永さんらしさがある。

そんなことが語られているかと思います。

いるはずなんだけど、出逢えない、それでも旅を続けていく。出逢いはあるのだけれど、出逢えない人がいる。
いうなれば、『終わりのない旅』(というタイトルの著作もあります)が続く。

ここにはやはり、幾多のそして尽きることの無い、出逢いと別れが存在するのだと思うのです。

と、永さんの出逢いと別れについて書いておきたかったものの、旅、そこでのめぐり逢いについて、文章を示すに留まりました。

別れについて永さんがどう語っていたか、ここが足りていない。
もう少し、読んできた本を漁ってみたいと思っています。

六輔の歌を見ていると、私にはいつもダゴールの「園丁」の中の一編を思い出す。この本は戦争で焼かれて手許にないので、この間、図書館へ行って捜して写して来た。それは「園丁」の第八番目の詩で次のような一人の娘のモノローグなのだが

枕もとのランプが消えると
私は朝早い鳥と一緒に起き出て
緩やかな髪に花を飾り
窓を開いて坐りました。
バラ色の朝霧の中の道を
あの若い旅人がやってきました。
旅人は真珠の頸飾りを着け
冠には朝の光が射していました。
そうして私の家の前で止まると
熱烈な叫びをあげて私に聞きました。
「あの人はどこにいるのでしょう」と。
でもあまり恥ずかしいので、私には言えませんでした。
「それは私なのです。若い旅のお方、それは私なのです」と。

夕暮れどき、まだランプは灯らず
私はそわそわと髪を編んでいました。
沈む陽の光の中を
馬車を駆ってあの旅人がやって来ました。
馬たちは口から泡を吹き
旅人の衣服は塵にまみれていました。
私の家の前で車を降りると
彼は疲れきった声で私に訪ねたのです。
「あのひとはどこにいるのでしょう」と。
でもあまりの恥ずかしさに私には言えなかったのです。
「それは私なのです。疲れた旅のお方、それは私なのです」と。

部屋のランプが明るい春の夜。
南の風が和やかに吹き
おしゃべり鸚鵡は籠の中で眠っています。
私の着物は孔雀の頸のような青い色
マントは若草の緑色
そうして私は窓辺の床に坐り
誰もいない道を見つめながら
暗い夜を一と晩中
「それは私なのです。絶望の旅のお方、それは私なのです」とつぶやきつづけるのです。
(Rabindranath Tagore; The Gardener 8)

この詩からさらに私は「梁塵秘抄」のなかの「ほとけはつねにいませども、うつつならぬぞ、あわれなる、人のおとせぬあかつきの、夢にほのかにみえたまふ」という歌を連想するのだが、決して人の前では返事をしてくれないもの、返事を求めて旅を続けるのが人間の宿命でもあり、巡礼の姿でもあるのだろう。高山寺の老僧が「何でも貴方の好きな歌を書いて下さい」と言ったとき、六輔は「どこか遠くへ行きたい……」と書いた。
端的に言えば私はこの巡礼の姿を六輔の上に見るような気がするのである。
だいたい「一人ぼっちの二人」などという言葉は人によっては何か奇をてらった言葉のように受け取れるかも知れないが、昔から巡礼が使っている言葉である。面と向かっては決して返事をしてくれないもの、返事を求めて遍歴を続け、めぐり逢うことの出来ない恋人の姿を、果てない旅路の果てに期待する。しかし、「夢はるか一人旅、愛する人にめぐり逢いたい…何処か遠くへ…」などというのは例え返事をしてくれなくても、まためぐり逢えなくても、この恋人がいる事を六輔は知っているからなのであろう。
だから旅というもの、それじたいは一つの課程なのであって、もちろん過程は未完成なものなのだが、それが人間のあり方だとすれば、そのかぎりにおいて、この過程に身をまかしきることは未完成の完成とも言わば言えよう。この理念上の矛盾を六輔は一人ぼっちの二人などという言葉でぶっつけて来るのであろう。武智鉄二氏が六輔を評して「なにごとにもよらず終わりをまっとうしたことがないのが自慢である。これは彼の才能が物ごとの本質を見通す力が強い」からだというが、そういう見方も成り立つかも知れないが、巡礼には終わりや結末はないのである。巡礼という言葉…私は好きだが…が何だか乞食くさくていけないというのならば、他の言葉を使ってもいい。ピグクリム・モダーンとでも。どっちにしても同じことだが。
(中略)
「愛する人にめぐり逢いたい」という言葉も言葉としては矛盾している。常識的には愛することが出来るか出来ないかは巡りあってからのことなのだが、前にも述べたように六輔はもうめぐり逢えない愛する人のあることを知っているのである。印度に「真理は永遠に若い乙女だ」という諺がある。この愛する人とどこでどうめぐり逢うかということが今後の六輔の課題だとおもうが、六輔はいつまでも「愛する人」をたずねて旅をつづけていて貰いたいと思う。言いかえればいつまでも未完成でいるところに六輔の面目があるのだと思う。

永六輔『街=父と子』214頁ー217頁

※先の『親と子』にも同じ内容のものが再録されています。

神話への架け橋 

たのうえです。

今回は、自分の研究のいくつかあるテーマの一つ、と言わざるを得ないものの話です。

一つは前の記事で紹介した藍。
これに続き、腐れ縁のものに神楽があります。
二つとも、もう15年くらいの縁。

藍の方はすぐ実際に染めるという工程まで体験できました。

その時の感動が衝撃的でそれが今なお、藍に関わる原動力になっています。
藍は染めの体験をした後、実際職人さんのところにお邪魔したり、通っていた施設に植っていた藍を分けて貰いそれを育てたり。
ここまでが第一期(学生の頃)。
ここで第一期とするのは、その時、付き合っていた女性が藍に興味を持ったので、そちらに学生の頃は藍に関わることを譲ったというか、お株を奪われたというか…色々ありました。
それでもって一度藍とは疎遠になります。

その後、今の職場に入り、そこで藍の生葉染めを体験として提供していたことから、再び藍と関わる機会を得ました。
そしてそこで5年。
藍の栽培、生葉染め、乾燥葉染め、人工藍を使った染め、型染め、絞り染め…と少しずつ歩みを進めつつあります。
その過程で、以前は教科書みたいに使っていた、最初体験させてもらった施設の出版物の内容にふと疑問が湧き、調べつつある結果、武蔵国郡村誌の記載を見てみよう、ということになっています。
これだって、そんなに難しいことを調べようとしているわけではありません。
その本では、武蔵国郡村誌で藍を栽培している町村を地図上に落とし、それらが利根川、荒川流域にあるとして、水が使えた地域で藍作が行われていたとしています。
敢えて、出典は控えますが、こんな図です。

でも、第一にその図の精度が極めて低い。その時代、しょうがないのだと思いますが、手書きの作図で…典拠も大雑把。

武蔵国郡村誌というものに記載されているデータは、明治8-9年頃のものとされています。
埼玉県立図書館/埼玉県関係史誌 目次一覧

で、勤め先の地域の明治9年の物産報告では、その地域でも藍が栽培されている。
では、その図を見てそれが表われているかというと…ビミョーなところなんです。

図の元になる各町村のデータがあれば、その再現もできるのですが、それらしいデータはその本の関連図書に出ていますが、出典名がこれまたビミョー(特定できない)。

水の利用ということを考えるとしたら、県単位でみれば、利根川、荒川流域という視点でいいのかもしれませんが、もう少し詳しく地域を見て行くとなると、その支川、あるいは小さな河川の存在も考えていかないといけない。
何せ、これまで「教科書」にしてきたものです。それがあやふやだと気持ちが悪い。
…と言うわけで前の記事ができた訳です。

さて、この記事は、藍ではなく、神楽についてです。
神楽もその施設つながりで関わるようになったものなのですが、こちらは、大きな感動体験というものがありませんでした。
芸能公演をお手伝いしたり、組み立てようとしてきたことはあります。
ただ、それは神楽の公演という事業への関わりです。
神楽公演事業への関わりはあっても、自分自身と神楽との関わりというものが希薄でした。

正直に書きますと、神楽って何? 何がおもしろいの? 演じる人はどんな人? 使う道具は? すべて自分とのつながりが想像できませんでした。
そりゃ、近くの神社にいけば神楽を見ることができますが、正直「なんだそりゃ」というのが自分の実感でした。
そうしながらも、神楽公演事業への関わりは続きます。
そうすると、だんだん、訳の分からないもののお祭りに関わっている、という風になってしまい、しまいにはその事業からも距離を置くようになりました。

さて、ここまできて、ようやく広告。

[amazonjs asin=”4062879751″ locale=”JP” title=”日本人の〈原罪〉 (講談社現代新書)”]

最近、とあるSNSで色恋を語っている知人がおりまして、それに触発されて、永六輔さんや、北山修さんをとりあげて駄文を書きました。

お二方とも、出会い、そして別れに対峙した(≒そこで言葉を紡ごうとした)のでは、しているのではと、かつて彼らの本を読みあさっていた頃の記憶で文を書きました。
そのSNSでは、あまり論じることはしていません。

論じることはお仕事、そこは、庭は開放されているけれど、私の家の中、自分の好きなように言葉、文を記すというようなスタンスでいるためです。
SNS毎にであったり、書く媒体毎であったり、文章を書き分けることはしています。

このブログは、実生活でしょうかい(紹介、照会)できる自分を記していこうと意識していますので、気持ち、伝える、ということを意識しています。
もちろん、仕事で書くことに追われると、こういう準公式のブログさえ更新が止まりがちになってしまう、のですが。

話を元に戻します。

そこで永六輔さん、北山修さんに触れた時、それを読んで下さったお一方から、鋭い問いかけをいただきました。
さて、そうなると駄文は駄文なりに、出典、あるいは説明をせねばならぬ、そう思い立ち、7年ぶりに開いたのがこの一冊です。

内容は、帯の文章に尽きます。

イザナキ・イザナミの神話に示された「罪」と「恥」を読む。

この通りです。

もう少し付け加えてみます。

精神科医である北山修氏は臨床の現場で、様々な方と心理について考えていく際に、その一つの原型のようなものとして、語り継がれてきた伝説、神話、昔話を位置付けることができるのではないかとします。
そして、日本に残る、伝説、神話、昔話の悲劇を見ていくと、そこには一つのパターンがあるとします。

それが「見るなの禁止」(≒見るな、という禁止)のがやぶられることで、そこでは、見られた側(女性)はそれを恥じ立ち去り、見た側(男性)は呆然と立ち尽くす、という別れが繰り返されているとします。

また、これまで、河合隼雄などにより、見るなの禁止がやぶられた結果生じる、見られた側の「恥」は論じられてきたが、見た側の「罪」についてはこれまで論じられることが無かったとします。
こうして「恥」と「罪」を議論の俎上に載せることで、それらを和らげる方法を模索していく、その試みが本書では行われています。

そしてその悲劇には、別れ、喪失も含まれてきて…。

…と、神話をそういう見方をすることで、はじめて興味深く見ることができたのが今日の自分です。
そして、その神話を題材にする神楽、そこで用いる神楽面、神楽そのものの劇的構造、これらが興味あるものに転回していきました。
そういう点で、久々に読んで、つながった、というのが正直な感想です。

前に、この本読んだときは、まだ読みこなせなかったのですが、そういう意味では、少しは文が読めるようになったのだと、どこかでひと安心もしたり。

と、文章がだれてきたので、今日はこの辺りで。

ここから、神話、神楽、神楽面へ。
少し思考と試行の旅行を楽しみたいと思っています。