近況報告


しばらくご無沙汰だったので、こちらのブログにも投稿。

今、暑さのせいか、やる気がでない感じです。

減量はここ1ヶ月くらい停滞期。82~83kgの間を行ったり来たり。今回の停滞期は長いです。高校生の時の自分の体重を過ぎたあたりから減量がちと難しくなっています。
ま、それだけ、自分の身体のメンテナンスは難しいということなんだろうと思っています。
一応目標は76kg。適正体重の上限ギリギリの値にしたいと思っています。だからあと6~7kg。これで生活習慣病は撃退したいところ。

いま、糖尿の方は、インスリンの注射を止め、減薬へと舵を切っています。
血圧も、降圧剤を徐々に弱いものに変えて行っています。

逆にキツくなっているのが便秘。元々便秘がちで大腸内視鏡入れたりするとき、四苦八苦する奴なんですが、今回はキツい。
今、便秘薬だけで3剤飲んでいます。そういう体質だから仕方が無いところもあるのですが。

後はメンタル面ですね。
こちらもちと調子悪し、です。

暑いせいかなんなのか、コロナの閉塞感が一因なのか、やる気がでません。

最低限、減量は続けていますが、他はほとんどストップしてしまっています。

司書免許とるための通信制の大学のレポ&テストも、勉強し始めたGISも、ちょっとした原稿の直しや、ついには研究まで。
かろうじて仕事&減量の最低ラインを死守していますが、お休みのときをうまく楽しめていません。
ですので、ここに投稿するような変化もないのです(汗。

何かをきっかけにしなあかんと思っていて、、ペットをしばらくぶりに飼ってみようかと思いつつあります。これまで、魚中心にいろいろ飼ってましたが、今回は今住んでいるところで許容されるであろうギリギリの線を攻めて(笑、小鳥を飼おうと思っています。

なんでそう考えたか。
今の仕事では、私はどちらかというと、常連さんとのやりとり、調整が中心になっています。あとは家族とのやりとり。。。行きつけの病院でのやりとりなどなど。

新しいやりとりが少ないんです。しかも悪いことにそれが積み重なって、やりとりが億劫になりつつある。

やりとりが億劫になって、引きこもりがちになる、という負のサイクルができつつある感じ。それにあがなって色々試しては見たものの、やる気不足で続かない。
これが公私共に加速してきています。

そこで、自分のプライベートの拠点である、自分の部屋に生きものをお迎えして、一緒に暮らしながら、やりとりをプラスに捉える訓練をさせてもらおうと思うようになりました。
ワンちゃん、ネコちゃんを第一に考えましたが、一応うちのマンションはペットは原則飼っちゃダメ、ということになっています。でも小動物は黙認されている、そこで小鳥をという考えに至ったわけです。

小鳥をパートナーに選ぶとして、次に考えたのが、自分の歳、自分が生きていくなかで共存できるかということです。自分の余命と動物の寿命のことです。
インコやオウムは20~30年は生きる、しかも鳴き声が大きい。自分の余命で面倒見切れない可能性があります。
そうやって考えていったとき7~18年の寿命である「文鳥」が候補に挙がりました。

でも、お迎えするにあたって、どこから迎えればいいのか、というところで躓きました。熱帯魚や淡水魚であれば、小さなホームセンターの小動物コーナーで扱っています。
しかし、小鳥となると見た記憶がない。せいぜい祭りの屋台のひよこぐらいしか見たことがありませんでした。

なので、そこから調べ始めました。それと同時に飼育書を買いあさったりして(不調時なので読めても内容が半分くらいしか入ってこない(涙、のですが)。




分かったことは小鳥さんでも結構やりとりが可能ということと、文鳥を愛でる人々の存在でした。
そこから小鳥屋さんや、小鳥を扱うペットショップが候補に挙がってきました。
いくつか候補を挙げると…(今回はこれを整理したくてこの記事を書いてみたのですが)。

まずは、家の近所にある小鳥屋さん
「同好苑」さんです。

ただ、ここのお店評判が良くて、お客さんも多くて…。文鳥を買おうと思っていても売り切れで買えないこともあるとご主人から伺いました。

次に候補にしたのは、隣の市にある二つのお店
「はなぶさ堂」さんと「鶴ヶ島ペットショップハピネス」です。
「はなぶさ堂」

「鶴ヶ島ペットショップハピネス」

こちらも人気のお店ですが、扱う数が分かりやすかった(多い?)ので。

あとは少し遠いですが、入荷した数が1週間に一度更新される「鳥信」さん。
「鳥信」

このあたりを候補にあげてみました。
あとは、近所のペットショップで鳥の扱いがあると言われている、ホームセンターの小動物コーナーやチェーン店も併せて。。

ペットショップのコジマ ニトリ川越店

ペッツワン

などなど。

ほか都内のお店もいくつか候補に加えました。
そうすると一応、10店舗くらいが並んできて、買えそう&飼えそうだなと目処がついてきます。

あとは文鳥のシーズン(9~10月~6月くらい)の到来を待つだけです。
今か今かと待ちつつ…そうすると、少し行動的になれてくるから、不思議なものです。

ちょっと環境を変えてみて、好機を待ちたいと思います。

今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA