じっと手を見る

啄木ですね。

2021年の振り返りと2022年の展望などつらつらと。

2021年は体調を整えるための1年でした。
減量と糖尿病対策。
2年前に医学で説明付かない足の怪我を経験して以来、何よりもまずは、体調を整えることが必要だと思うに至り、その実践にトライした1年でした。

先月の熊谷での調査は、リュックにこの2年間くくりつけていた杖を始めて外し挑んだものでした。不安が勝るかな、とも思いましたが、何とか乗り切り…。
その他の数値も皆正常値になりました。
2022年は足を怪我したときよりも良いコンディションに持っていきたい、そう思っています。

それに加え、今年は藍染めに正面から取り組んだ年でした。
連続講座で藍の栽培から、生葉染め、乾燥葉染め、人工藍染め、染めも絞り、型染めと一通りお客さんに提供するイベントを企画。
毎回の資料を作るに際し、自分のお財布で可能な限りの資料を収集、読み込みました。藍の学習は大学1年生の時から断続的に続けていましたが、この1年が一番、時間とお金をかけられた1年でした。
資料収集もある程度進み、足場固めができたので、2022年は次の一手を考える年になります。藍染めも奥深く、沼、なので、どこまで攻めるか迷っていますが、少なくとも所蔵する資料の数くらいは埼玉県で一番を目指したい、そう考えています。

一方で課題も出ました。
一つは司書課程での学習。どうも1年での卒業は厳しそうで、在籍期間の延長をしなければない段階です。
以前は一度テキストを読めば、頭に入り、レポートなりテストなりに臨むことができていましたが、持病の悪化か、加齢のためか、テキストから参考文献の精読に入ると最初のテキストの内容が思い出せなくなるという困ったモードに入っていて…。

これもそうなら受け入れて、新しい学習方法を身につけるしかないと考えています。
レポートとテストが13個。これをあと半年でケリをつけてしまいたい、そう考えています。そのためには少なくとも今年度中にはレポートをすべて整え、延長期間はテストをこなしていく位のペースで行く、という目標を立てています。

研究。温泉研究は停滞中です。これはもうしばらくお休みして、今仕事として調べていることを研究にまで押し上げてみたい、そう考えています。

これ遠回りですが、近現代の資料調査方法を改めて見直す機会になっています。
統計を追うことであったり、新聞記事をあさることであったり、自治体誌の精読であったり。ずっと行政文書一本で勝負してきた自分にとって、王道の資料調査方法を身につける好機、そう考えています。
専門領域、これって何時までもハッキリせずに、進学、論文執筆等に暗い影を落としていました。近現代史をやることとして、それを極めておきたい、そういう思いにいたっています。
だからこそ、改めて遠回りをすることにトライしたいという目標が立ち上がってきています。
資料の収集、整理、活用をするところで自分の得意な領域を確保し、その後、行政文書+αの研究スタイルの確立を目指していきます。

あとは、他人のしていることをうらやんだり、そこから自分を卑下したりせずに自己肯定感を持つようにしなきゃなりません。
時間は有限、自分が取り組むことを取捨選択し、そこに集中していく、そんな感じです。

その他、デジタルアーカイブスの構築など取り組むこともありますが、兎に角、今あるtodoリストを確実にこなしていくようにしていきます。

そのための基礎体力づくりをした2021年、飛躍の2022年だったと後で振り返れる、そういう形にできればと考えています。

書き納めが日をまたぎ、書き初めになってしまいました。

マイペースと選択集中。自分に自信を持つ、これですね。

散文ですが、以上。

ケータイお探しサービスの使い方

昨日の夜から今日の昼まで、携帯電話が迷子になっていました。

私の場合、スマホはネット&音楽鑑賞、その他は全部携帯でやっている(名刺とかも連絡先は携帯)ので見つからないと大変。加えて、自分は電話嫌いなのに関わらず、付き合いで、連絡つけられるのが電話、携帯のメアドくらいの知人が何人かいるもんで、無くなると色々厄介で。

職場からの帰路あたりから「どうも携帯をなくしたっぽい」ということに気付き。「家にあるだろ」と予想していたらハズレ。
改めて職場にトンボ返りして探してもない。
こうなるとちょっとパニックです。携帯を連絡手段にしているけれど、それすらほとんど使わずのアナログな私、携帯を使う場面は限られています。
家、職場に無いとなると…。

今回は最後に使ったときが記録に残っていたので、迷子になった時刻がある程度は絞られてきました。それでもどこで迷子になったかは絞りきれず。

そんな中、ネットで「携帯 なくした」というワードで検索かけて、自分の使っているdocomoのサービスで「ケータイお探しサービス」

https://www.nttdocomo.co.jp/service/search/

というものがあることを知り使って見ることに。
最初はネット上、マイドコモというページから調べられるよ、と紹介されていたので試すも、2段階認証で携帯のSMS認証がでてきてこっちは失敗。
次に電話でもできると書かれているので、トライ、と思ったけど、その電話番号が出ていない(汗。

あちこち探してまわって、イラスト内に電話番号がでているのをなんとか発見…。ここに書いてありました。

イラストに載せるだけでなくテキストにおこしておいてくれよ、と思ったのは私だけでしょうか?

サービス自体はとても親切且つ正確なもの。
東武東上線の森林公園駅付近にありますってことが分かって、これで電車内で紛失したと思い至り…。駅に問合せ無事発見。

スマホだとGoogleなりAppleなりのサービスで同様の捜索ができるのは知っていましたが、携帯も大丈夫だというのは、今回はじめて知りました。
…で、そういうサービスを受けられるというのを考えると、単に利用料金だけで、MNVOに乗り換えるのも安易だなと痛感しました。

ま、携帯は月2,000円かからないので、お財布を圧迫している訳ではないのですが。

一方、スマホは、月2~3GBで3,000円超支払っていてコスパが悪い状態、こっちは乗り換え検討中です。

…、docomoのサービスの良さと情報提供の足りないところ、両方感じたので、記録として。

docomoのケータイお探しサービスの窓口番号は

0120-524-360

24時間対応です。

お忘れ無く(特に私自身(汗))

考えの癖

今、神楽公演に関わる団体のサイトを更新しようと考えています。

現状の課題は
1)サイトの作り込みが細かく更新が困難
2)サイトの構成(フォルダ分け等)が未着手
3)テキストコンテンツが活用できていない(単にPDFファイルを公開しているだけ)
など。
これに対して考えているのは…。
1)サイトの作り込み(質)の維持はしつつ、更新作業は誰でもできるようなものに作り直す。
2)PDFファイルはじめ、これまでのコンテンツは整理しなおした上で再公開する。
ということ。

1)はサイトの構築が得意な人にお任せしたので、後はその人を頼るしかないのですが…。

正直、その方向性に迷いが生じています。

ここ最近、Web上のコンテンツって完成度があがり、情報の発信方法もブログ、Twitter、Instagramなどなどいろんなサービスを利用することで簡単にできるようになってきています。
このwordpressだってそう。ブログより細かい作り込みを個人がちょっとネットで調べれば更新し続けることが可能になっています。その他のCMS(コンテンツマネージメントシステム)を使うことも可能です。

codeレスのWebなんて言われ始めてもいます。

今回の神楽に関するHPの整理も、この流れの一つです。

そこで私は、オリジナルコンテンツを作成した上で、お手軽に更新できるものを要求しました。でもこれってハードルが高いのと同時にプロが入ることで、それを更新し続けていく人にブラックボックスが生じることにもなるんだなぁ、と最近は思いつつあります。

これWeb上の情報発信の最近の流れも同じなんですよね。
色々なサービス、システムによって発信は容易になった。でもその発信方法に手を加えるとなると、難易度は途端に上がってしまった、そういう流れがあるのだと思います。

自分がWebの世界に足を踏み入れたときはHTMLをテキストエディタで書いていって、極端に言えば、メモ帳一つでサイトを作っていました。それが、ホームページ・ビルダーなどの作成ソフトを使うように変わり、そこからサイトで表現できることって増えましたが、でもそれ故に、様々なプログラム言語を使わなければならなくなって、サイト作成の難易度が上がっていきました。

その中でその高いハードルを越えるための方策が今の諸サービス、ツールにつながっているのであって…。

私はメモ帳、せいぜい作成ソフトを使った時代にサイトを作っていた人間で、今、様々なプログラム言語が登場した中では、メモ帳でサイト構築することを諦めています(汗。

…というよりは、他の自分のやりたいことにエネルギーを使う方にシフトチェンジしていきました。それが研究であったり、仕事でやっていることであったりします。

そんな中、昔から関わってきたコンテンツの再活用を、という課題に直面して、自分は少し逃げた訳です。得意な人に任せることにしました。

ただ、そこにあった資料の整理、これは自分の生業にも通じるものであり、現実を直視せざるを得ませんでした。

資料を整理するとなれば、それはできるだけ再現性の高い誰でもトライすればできる方法で無いと整理、保存になりません。

ここで2つの選択肢が出てきます。
一つは今の時代の流れをうまく使い(諸サービス・システムを使い)進めていく。
もう一つは、メモ帳一つでそれを行なう(ここには、以前の技術で行なうという選択肢と新たな言語修得という二つの道があると思います)ということ。

そこで、気がついたことがあります。
私はいつも、メモ帳一つで新たな言語も身に付けて、という道を好んできています。
分かるところまで戻って、そこから理解を進めるようにしていく、そんなスタンスでいます。

だから研究もテーマを設定した段階で、新たな史料に直面したら、まずはその史料を理解し、それからテーマに取り組んでいく、そんな感じで進めています。

もう史料の基礎研究にウン年かかっちゃっています。

先行研究に学ぶところは多くありますが、そこでも、分かるところまで戻ってから進む、というスタンスで進んでいるので、なかなか深化が進んでいっていません。
先行研究に対して自分はこうくみすると立場を表明するのが苦手です。
これ、論理を組み立て上げていくことよりも、論理を組み立て上げるためにその一つ一つの叙述、事実の確認を進めていくことが中心で、齟齬もその事実の確認法に対してのものになるために、大きな理論の整理、前進に与することができないのです。

そうすると果たしてそれは研究と呼べるのかと不安になりつつありますが(どーも自分としては、調査・研究・報告のうち未だ調査の段階にあると思いつつあります)、一つの事象、あるいは論理をバラすのにえらく手間取っているそんな感じです。

ちょっと話がとっちらかりました。

資料を整理するとき(神楽関係の話に戻っています)、どうそれを容易にしていくか、です。

ホームページ黎明期の言語だけでもサイトを組み上げ進めるか、今の時代の便利なサービス・システムを使うか、それとも自分自身のレベルアップを狙っていくか、そこに考えが至るのです。

これ、なかなか難しい問いです。
40を前に惑いまくっているこの頃、困ったもんです。

そんなこと悩みつつ、明日は図書館関係のレポート作成です。
これも考えすぎで遅れ気味なんですよね(汗。

そんなこの頃です。

近況報告

しばらくご無沙汰だったので、こちらのブログにも投稿。

今、暑さのせいか、やる気がでない感じです。

減量はここ1ヶ月くらい停滞期。82~83kgの間を行ったり来たり。今回の停滞期は長いです。高校生の時の自分の体重を過ぎたあたりから減量がちと難しくなっています。
ま、それだけ、自分の身体のメンテナンスは難しいということなんだろうと思っています。
一応目標は76kg。適正体重の上限ギリギリの値にしたいと思っています。だからあと6~7kg。これで生活習慣病は撃退したいところ。

いま、糖尿の方は、インスリンの注射を止め、減薬へと舵を切っています。
血圧も、降圧剤を徐々に弱いものに変えて行っています。

逆にキツくなっているのが便秘。元々便秘がちで大腸内視鏡入れたりするとき、四苦八苦する奴なんですが、今回はキツい。
今、便秘薬だけで3剤飲んでいます。そういう体質だから仕方が無いところもあるのですが。

後はメンタル面ですね。
こちらもちと調子悪し、です。

暑いせいかなんなのか、コロナの閉塞感が一因なのか、やる気がでません。

最低限、減量は続けていますが、他はほとんどストップしてしまっています。

司書免許とるための通信制の大学のレポ&テストも、勉強し始めたGISも、ちょっとした原稿の直しや、ついには研究まで。
かろうじて仕事&減量の最低ラインを死守していますが、お休みのときをうまく楽しめていません。
ですので、ここに投稿するような変化もないのです(汗。

何かをきっかけにしなあかんと思っていて、、ペットをしばらくぶりに飼ってみようかと思いつつあります。これまで、魚中心にいろいろ飼ってましたが、今回は今住んでいるところで許容されるであろうギリギリの線を攻めて(笑、小鳥を飼おうと思っています。

なんでそう考えたか。
今の仕事では、私はどちらかというと、常連さんとのやりとり、調整が中心になっています。あとは家族とのやりとり。。。行きつけの病院でのやりとりなどなど。

新しいやりとりが少ないんです。しかも悪いことにそれが積み重なって、やりとりが億劫になりつつある。

やりとりが億劫になって、引きこもりがちになる、という負のサイクルができつつある感じ。それにあがなって色々試しては見たものの、やる気不足で続かない。
これが公私共に加速してきています。

そこで、自分のプライベートの拠点である、自分の部屋に生きものをお迎えして、一緒に暮らしながら、やりとりをプラスに捉える訓練をさせてもらおうと思うようになりました。
ワンちゃん、ネコちゃんを第一に考えましたが、一応うちのマンションはペットは原則飼っちゃダメ、ということになっています。でも小動物は黙認されている、そこで小鳥をという考えに至ったわけです。

小鳥をパートナーに選ぶとして、次に考えたのが、自分の歳、自分が生きていくなかで共存できるかということです。自分の余命と動物の寿命のことです。
インコやオウムは20~30年は生きる、しかも鳴き声が大きい。自分の余命で面倒見切れない可能性があります。
そうやって考えていったとき7~18年の寿命である「文鳥」が候補に挙がりました。

でも、お迎えするにあたって、どこから迎えればいいのか、というところで躓きました。熱帯魚や淡水魚であれば、小さなホームセンターの小動物コーナーで扱っています。
しかし、小鳥となると見た記憶がない。せいぜい祭りの屋台のひよこぐらいしか見たことがありませんでした。

なので、そこから調べ始めました。それと同時に飼育書を買いあさったりして(不調時なので読めても内容が半分くらいしか入ってこない(涙、のですが)。




分かったことは小鳥さんでも結構やりとりが可能ということと、文鳥を愛でる人々の存在でした。
そこから小鳥屋さんや、小鳥を扱うペットショップが候補に挙がってきました。
いくつか候補を挙げると…(今回はこれを整理したくてこの記事を書いてみたのですが)。

まずは、家の近所にある小鳥屋さん
「同好苑」さんです。
https://pet-store-2510.business.site/
ただ、ここのお店評判が良くて、お客さんも多くて…。文鳥を買おうと思っていても売り切れで買えないこともあるとご主人から伺いました。

次に候補にしたのは、隣の市にある二つのお店
「はなぶさ堂」さんと「鶴ヶ島ペットショップハピネス」です。
「はなぶさ堂」
http://www.hanabusado.sakura.ne.jp/#
「鶴ヶ島ペットショップハピネス」
https://ameblo.jp/kotori7yajima
こちらも人気のお店ですが、扱う数が分かりやすかった(多い?)ので。

あとは少し遠いですが、入荷した数が1週間に一度更新される「鳥信」さん。
「鳥信」
http://pet-nobu.com/

このあたりを候補にあげてみました。
あとは、近所のペットショップで鳥の扱いがあると言われている、ホームセンターの小動物コーナーやチェーン店も併せて。。

ペットショップのコジマ ニトリ川越店
https://pets-kojima.com/shop/0107/

ペッツワン
https://petsone.cainz.com/?_ga=2.157726143.489236714.1629714532-465939014.1629112077

などなど。

ほか都内のお店もいくつか候補に加えました。
そうすると一応、10店舗くらいが並んできて、買えそう&飼えそうだなと目処がついてきます。

あとは文鳥のシーズン(9~10月~6月くらい)の到来を待つだけです。
今か今かと待ちつつ…そうすると、少し行動的になれてくるから、不思議なものです。

ちょっと環境を変えてみて、好機を待ちたいと思います。

今日はこの辺で。

調整中(主に広告表示)

久しぶりの投稿です。
この間、体重減を行いつつ、大して忙しくないはずの仕事に追われる日々でした。

体重はあと7kg減で目標達成なんだけども、これは長期戦。
今ちょうど、4月に減量開始して、目標の半分を少し超えたところです。

仕事は…とにかく外作業の課題が多くて困っています。
一人では多勢に無勢。でもやらないことには片付かない。
そんな中、季節は夏へ。汗っかきなので、この時期は活動量が落ちてしまうんですよね。

どこからを自分一人でやって、どこからをお仲間に頼るか。どういう風に頼めばいいのかでも悩んでいます。

ブログも、もう一つの方は一応匿名でやっているので、愚痴や健康ネタを織り交ぜつつちょこちょこと更新しているのですが、メインのこちらは半ば放置(汗。

で、久々にこちらを開いたら、Googleの広告表示が以前と変わったようで、あっちこっちに広告が。
書いている本人が意図しているわけじゃなくて、Googleさんが「効果的」と判断したところに入れるようになったんだそうです。
観に来てくれた方が興味を持ったリンクを辿ってもらうと、こちらに収入が発生するという形なのです(収入はほぼゼロですが(笑。

…それにも関わらず、記事やブログ自体が見づらくなってきている感も否めないので、ちょっとここは調整が必要だと考えています。

そのための情報を集めつつ。

しかし、すべてに言えることなのかもしれませんが、ご無沙汰は…あまり良くないようで。
見るだけ、顔を合わせるだけ、言葉を交わすだけでも、ちょこちょこと絶え間なく続けることが、結果「継続はなんとやら」で違いがでてくるんだなぁ、と痛感しているこの頃です。

とりあえず、近況報告をしてみました。
何とか生きています。
仕事も研究も諦めてはいません。