仕事創り

10年前、私は進学先を絞りきられず、結果諦めることにしました。
そして就職。いきなりハローワークに行って仕事探し。
就活という選択肢もあったのだろうけど、そこからのスタートでした。

そうこうして、幸いにも2つの仕事を知己を介して見つけることができました。
1つは新天地、北海道でのお仕事。そしてもう1つが今のお仕事でした。

自分のフィールドが関東甲信越であったことと、持病のことがあって、あとは収入面に差があり(これは北海道も好条件だったということに後で気付きましたが)、今の仕事を選びました。

職歴では一応、PC等のキッティングや、市史編纂の調査員、いくつかの博物館でのアルバイトがありましたが、本格的に働くのは初めて。
途方に暮れました。電話番に慣れることから始め…(今でも苦手ですが)。
あとは少しずつ新たな人間関係を構築して(私、人に慣れるのに時間がかかる奴でして)。

ただ、当初決めていたのは、研究に関する仕事はやるまい、ということでした。
ま、元々、歴史的公文書を資料として使う仕事なんぞ、ほとんどないのですが、ま、企画展などにも関わらずにと考えていました。

じゃ、どうするか。それ以外に引き受けた仕事に新しい要素を加える、あるいは自分のやれそうな仕事を創っちゃうことにしました。

例えば…。
藍染めをはじめとする染色関係。
竹林の整備、畑の開墾から始めた、植栽関係。
あとは、お知り合いになった人を巻き込んでの社会教育関係のこと。
などなど。

そして、その時決めたのはそれらのノウハウは、身につけようということでした。
最初は、自分が抜けたら仕事が成立しないようなことを増やしていこう、そう考えていました。そうすれば職場での立ち位置が確保できる、そう思ったんです。

4,5年すると仕事もそれなりに回るようになってきました。

そうすると次第に自分一人では仕事をやりきれなくなってきました。

そこでお仲間(同僚、ボランティアさんなど)に手伝ってもらうようになり、さらにはマニュアル等の作成にも着手するようになりました。
ま、これも文字では伝えきれないコツみたいな部分があるので自分オリジナルのものは手元に残る、という風に思ったのと、仕事の内容を深めていくとなると一人の労力では成し遂げられなくなってきたからだったりします。

あとは、人は誰でもいつかは死ぬという当たり前のことに気付いたからです。
看取りや自分自身が死にかけた結果、生きた足跡を残しておかないとと思うようになったからです。

そういうことを考え出した前後から、当初封印していた、自分の得意分野も仕事につぎ込むようになってきました。論文(自分の中では資料紹介なのだけれど)も1つはこさえることができたし。

そして今、結果としてある程度、自分ができる仕事を見つけることができました。
ここまで10年かかりました。

でもなんとなくそれくらいかかるだろうなぁと思っていたのは、吉本隆明と糸井重里の対談本「悪人正機」の中で、人が一つの仕事をものにするには10年、毎日その仕事をする必要があるという一節があったのを覚えていたからです。

石の上にも三年、なんてことわざもありますが、不器用な私は10年、一つの職を勤め上げる必要がありました。

他の人は、もっと器用に、そして短い期間で技を身につけるのかもしれません。
ただ、もし仕事が合っていないと感じたとしたら、そこで仕事を創れるか、10年その仕事を続けていったとして、自分の強みになるものを身につけられるか、そんなことを考えるのもありなのかな、と思います。

…といっても年季奉公のなんちゃって公務員(会計年度任用職員)は給料が極端に少ないので転職も常に考えていますが(汗。
仕事や自分の体調、あとはタイミングがバチッと合うことがなく11年目を迎える、そういう面もあるのですが。

じっと手を見る

啄木ですね。

2021年の振り返りと2022年の展望などつらつらと。

2021年は体調を整えるための1年でした。
減量と糖尿病対策。
2年前に医学で説明付かない足の怪我を経験して以来、何よりもまずは、体調を整えることが必要だと思うに至り、その実践にトライした1年でした。

先月の熊谷での調査は、リュックにこの2年間くくりつけていた杖を始めて外し挑んだものでした。不安が勝るかな、とも思いましたが、何とか乗り切り…。
その他の数値も皆正常値になりました。
2022年は足を怪我したときよりも良いコンディションに持っていきたい、そう思っています。

それに加え、今年は藍染めに正面から取り組んだ年でした。
連続講座で藍の栽培から、生葉染め、乾燥葉染め、人工藍染め、染めも絞り、型染めと一通りお客さんに提供するイベントを企画。
毎回の資料を作るに際し、自分のお財布で可能な限りの資料を収集、読み込みました。藍の学習は大学1年生の時から断続的に続けていましたが、この1年が一番、時間とお金をかけられた1年でした。
資料収集もある程度進み、足場固めができたので、2022年は次の一手を考える年になります。藍染めも奥深く、沼、なので、どこまで攻めるか迷っていますが、少なくとも所蔵する資料の数くらいは埼玉県で一番を目指したい、そう考えています。

一方で課題も出ました。
一つは司書課程での学習。どうも1年での卒業は厳しそうで、在籍期間の延長をしなければない段階です。
以前は一度テキストを読めば、頭に入り、レポートなりテストなりに臨むことができていましたが、持病の悪化か、加齢のためか、テキストから参考文献の精読に入ると最初のテキストの内容が思い出せなくなるという困ったモードに入っていて…。

これもそうなら受け入れて、新しい学習方法を身につけるしかないと考えています。
レポートとテストが13個。これをあと半年でケリをつけてしまいたい、そう考えています。そのためには少なくとも今年度中にはレポートをすべて整え、延長期間はテストをこなしていく位のペースで行く、という目標を立てています。

研究。温泉研究は停滞中です。これはもうしばらくお休みして、今仕事として調べていることを研究にまで押し上げてみたい、そう考えています。

これ遠回りですが、近現代の資料調査方法を改めて見直す機会になっています。
統計を追うことであったり、新聞記事をあさることであったり、自治体誌の精読であったり。ずっと行政文書一本で勝負してきた自分にとって、王道の資料調査方法を身につける好機、そう考えています。
専門領域、これって何時までもハッキリせずに、進学、論文執筆等に暗い影を落としていました。近現代史をやることとして、それを極めておきたい、そういう思いにいたっています。
だからこそ、改めて遠回りをすることにトライしたいという目標が立ち上がってきています。
資料の収集、整理、活用をするところで自分の得意な領域を確保し、その後、行政文書+αの研究スタイルの確立を目指していきます。

あとは、他人のしていることをうらやんだり、そこから自分を卑下したりせずに自己肯定感を持つようにしなきゃなりません。
時間は有限、自分が取り組むことを取捨選択し、そこに集中していく、そんな感じです。

その他、デジタルアーカイブスの構築など取り組むこともありますが、兎に角、今あるtodoリストを確実にこなしていくようにしていきます。

そのための基礎体力づくりをした2021年、飛躍の2022年だったと後で振り返れる、そういう形にできればと考えています。

書き納めが日をまたぎ、書き初めになってしまいました。

マイペースと選択集中。自分に自信を持つ、これですね。

散文ですが、以上。

小旅行?(狭山→熊谷)

つい先日、スマホを電車内で落とし(汗、東武東上線森林公園駅まで行って「遠くへ行きたい」(正確に言えば群馬方面に行きたい)思いが募りつつあった今日この頃、お仕事関係で熊谷の県立図書館に行く予定ができました。

車で下道を行くと大体1時間30分。たいした距離ではないんです。でも私の場合、調査に入ると、終わると極端に目に疲れが出てしまうので、できれば自分で運転しないで出かけたい、公共交通機関で、となります。

行田で仕事していたときや、埼玉にいて前橋の文書館に通った頃は、日帰りが当然でした。
車で通っていた時はもちろん、電車でも朝の5時台発の便で前橋に9時半着、そこから文書館へ行き、17時まで調査して22時30分ころ帰宅、ということを何回もやっていました。

ところが加齢というものは恐ろしいもので、その繰り返しをし、挙げ句に旅行先でぶっ倒れて入院したり、原因不明の足の怪我に見舞われたりと、体調面に影響が出てきて…。

自分のペースで、ということで、ゆとりをもった計画を立てるようになりました。

前橋でも泊まりで算段をし通うようになり…。今回は熊谷でも先入りし泊まって翌日調査を1日する、そんな感じです。

狭山・熊谷間が電車で大体2時間(狭山市→大宮→熊谷or狭山市→池袋→大宮)。
車で行けば1時間30分。

そう思い込んでいました。
最近は便利なもんで、乗り換え案内などでルートを調べると、電車以外の公共交通機関込みで調べられるようになりました。

それで今回、採用したのが以下のルート。

発着時間:15:24発 → (16:56)着
所要時間:1時間32分
乗車時間:1時間11分
乗換回数:2回
総額:1,100円(IC利用)

■狭山市 1番線発
|  西武新宿線(本川越行) 8.9km
|  15:24-15:33[9分]
|  210円
◇本川越
|  徒歩
|  (15:33)-(15:41)[8分]
|  
◇川越市 1・2番線発
|  東武東上線急行(小川町行) 18.5km
|  15:43-16:04[21分]
|  314円
◇東松山/東松山駅 1番線着 [6分待ち]
|  [国際十王交通]熊谷駅~上岡~東松山駅線(熊谷駅行)
|  16:10-16:51[41分]
|  576円
◇熊谷駅
|  徒歩
|  (16:51)-(16:56)[5分]
|  
■熊谷

これで車で行くのと同じ時間で行けます。もちろんバスの所要時間は交通事情に左右されるため、ちょっと怖いところもありますが。
そして、今回、自分が舐めていたのが、そのバス路線。
多分、2,3時間に一本くらいだろうと高をくくっていました。
で、駅についたら乗るはずの熊谷行が発車していくのを目にして、接続失敗か…と、落ち込んで、バス停に行き見た時刻表。

「本数多いやん」というのが正直な印象でした。
そしてバスの運行時刻もほぼ予定通りでした。

なんで今までこの経路使っていなかったんだろ、という感じです。
これなら無理なく通えます(あとは出発時刻を変えた場合の混み具合などが気になりますが…)

宿に泊まることは、少し出費が重なりますが、そのときの調査に向かう最終的な下準備ができるという利点があります。またちょっと違った(そこそこ快適な)環境で課題に取り組める時間というのはなかなか得がたいものであったりします。

さて、今回の調査はどうなるか。
ごぼうのことを調べに来た今回の調査。
1日で何本当てられるか。

追記
国道407号線ってその他のルートができて、随分快適になったのね、ということもバス乗っていて感じました。

地理・歴史コラボ『新編武蔵風土記稿』と…

この地図、便利なんです。
合同会社ミドリアイティ」さん謹製の江戸後期武蔵・相模国村名マップ

地名辞典等ありますが、それが何処か落とされている地図って中々ありません。
そいでもって地誌も記述はあるけど場所が分からない。

この地図を使うと、その二つがリンクされます。
村名をクリックすると、国会図書館の近代デジタルライブラリーで公開されている風土記稿の記述箇所に飛ぶ、という。

こういうのを形にできる人はいいな、と心から思います。
GISも少しかじりましたが、まだまだ日は浅く。

いろいろやろうとすると、時間がいくらあっても足りない、です。

ケータイお探しサービスの使い方

昨日の夜から今日の昼まで、携帯電話が迷子になっていました。

私の場合、スマホはネット&音楽鑑賞、その他は全部携帯でやっている(名刺とかも連絡先は携帯)ので見つからないと大変。加えて、自分は電話嫌いなのに関わらず、付き合いで、連絡つけられるのが電話、携帯のメアドくらいの知人が何人かいるもんで、無くなると色々厄介で。

職場からの帰路あたりから「どうも携帯をなくしたっぽい」ということに気付き。「家にあるだろ」と予想していたらハズレ。
改めて職場にトンボ返りして探してもない。
こうなるとちょっとパニックです。携帯を連絡手段にしているけれど、それすらほとんど使わずのアナログな私、携帯を使う場面は限られています。
家、職場に無いとなると…。

今回は最後に使ったときが記録に残っていたので、迷子になった時刻がある程度は絞られてきました。それでもどこで迷子になったかは絞りきれず。

そんな中、ネットで「携帯 なくした」というワードで検索かけて、自分の使っているdocomoのサービスで「ケータイお探しサービス」

https://www.nttdocomo.co.jp/service/search/

というものがあることを知り使って見ることに。
最初はネット上、マイドコモというページから調べられるよ、と紹介されていたので試すも、2段階認証で携帯のSMS認証がでてきてこっちは失敗。
次に電話でもできると書かれているので、トライ、と思ったけど、その電話番号が出ていない(汗。

あちこち探してまわって、イラスト内に電話番号がでているのをなんとか発見…。ここに書いてありました。

イラストに載せるだけでなくテキストにおこしておいてくれよ、と思ったのは私だけでしょうか?

サービス自体はとても親切且つ正確なもの。
東武東上線の森林公園駅付近にありますってことが分かって、これで電車内で紛失したと思い至り…。駅に問合せ無事発見。

スマホだとGoogleなりAppleなりのサービスで同様の捜索ができるのは知っていましたが、携帯も大丈夫だというのは、今回はじめて知りました。
…で、そういうサービスを受けられるというのを考えると、単に利用料金だけで、MNVOに乗り換えるのも安易だなと痛感しました。

ま、携帯は月2,000円かからないので、お財布を圧迫している訳ではないのですが。

一方、スマホは、月2~3GBで3,000円超支払っていてコスパが悪い状態、こっちは乗り換え検討中です。

…、docomoのサービスの良さと情報提供の足りないところ、両方感じたので、記録として。

docomoのケータイお探しサービスの窓口番号は

0120-524-360

24時間対応です。

お忘れ無く(特に私自身(汗))