年度末





年度末。
非常勤、いや年季奉公で働いているといろいろな「別れ」があります。
今回はお二方との別れ、群馬と埼玉。

お二方とも、私が尊敬する人でした。

群馬の人のところへは足の怪我のせいで最後挨拶にいかれなかったことが悔やまれます。

この足の怪我の影響は結構大きく。
日常の作業は去年の年賀状を出すところからストップ(涙。
そして論文執筆も。
さらには普段の仕事すべてがストップ、職場と家との往復、あとは寝るだけ、という状態になっています。

でも、それじゃおもしろくない、と書いたのが、この前の記事。

杖や薬をのむなどして、何とか乗り越えていこうとしはじめたときの記事でした。

で、杖買いました。

職場の知り合いに貸して貰った登山用の杖が良かったので、そのメーカーの杖を買いました。
杖を買ったら、その杖をつけられるリュックをお店にいって買って。

気持ちは沈んでいますが、杖買うなら、相当丈夫なものを使わないと自分の体格を支えられない、そう思うと買物にも気合いが入りました(笑。
ある状況にあって、それを何とかするために、凝り始めると楽しくなってくるんですよね。

まだ、実家から職場まで完全に通える状態になっていないのですが、職場の人に支えてもらって、なんとか、通い続けることができています。

そんななか、年度末に、有休が余った(3時間)のです。
しかも家族の都合で職場で3時間つぶさないといけない。

ここで、ずっーーーと手が付けられずにいた論文に手をつけることができました。
これがきっかけになって論文執筆再開できればと思っていたのですが、思っていた以上に作業がはかどって、なんと投稿できてしまった。
年賀状から何もできていないだけに論文仕上げるの難しいなあと思っていたのですが、できちゃいました。

それでも、当初想定していた目標の半分にきたくらいなのですが、それでも、一歩歩み出せるとほっとします。
で、ほっとしたことを記録に残さないとと思って書いたのが、この記事です。

別れもあったけど、成果もあった。
いろんなことがありながらも日々過ぎていきます。

『鉱泉・温泉関係の群馬県行政文書における綴、簿冊名と主務部課の変遷』

いつ日の目をみるか。半分くらいきているのか??

もそっと頑張ります。

コメントを残す